平成25年度臨時総会と新年会の開催について

公益社団法人 京都府放射線技師会会長 轟 英彦
 
平素は会務にご理解、ご支援を賜り感謝申し上げます。
さて、平成2511月の理事会にて「平成25年度臨時総会(平成26年度事業計画、予算)」及び「平成26年新年会」について審議しましたのでお知らせいたします。
 
1)「平成25年度臨時総会(平成26年度事業計画・予算)」について
本会は公益社団法人への移行の際に、新制度のもとでは臨時総会(平成26年度事業計画・予算)は開催しなくても良いとの旨を京都府からも指導を受けておりましたが、例年の慣例に従い、平成24年度は臨時総会を開催しました。そうしたところ会員様から「新制度においては、臨時総会の開催は必要ない」との意見がなされました。それを受け理事会等で継続的に審議を重ね、今年度の臨時総会は開催しない運びとなりました。
ただし、平成26年度事業計画・予算については理事会承認を得て、京放技ニュースにて会員様に通知いたします。
 
2)「平成26年新年会」について
本会では例年、研修会や府民公開講座と合わせて新年会を開催してまいりました。当初は、「法人設立30周年及び公益社団法人取得記念式典」「府民公開講座」「新年会」を平成261月に開催予定でしたが、諸事情により「法人設立30周年及び公益社団法人取得記念式典」と「府民公開講座」は平成2510月に開催いたしました。そして平成262月には近畿地域放射線技師会学術大会が京都府で開催されます。
これらの事情により「新年会」単独開催は、企画、予算、人員等を鑑みても困難となり開催を断念する事となりました。
 
以上2件に関して、どうぞご理解をいただきますようにお願いすると共に、今後もかわらずご支援ご指導を賜りますようにお願い申し上げます。
京都府放射線技師会 | 会長 | 00:41 | comments(0) | - | - |

「第40回 くらしと健康展」報告

広報・渉外委員会理事 新井
1020日(日)の10001600に医師会館おいて、「第40回くらしと健康展」が開催されました。今回は、日時と場所を医師会館に変更してから、3回目の開催となりました。当日はあいにくの雨模様の中でも、会館の外に行列ができるほど盛況であり、当会は滞りなく無事に事業を遂行することができました。
総来場者数は421名となり前回より152名減少となりましたが、当コーナーには総計63名(3名増加)の来場者がありました。今回もパンフレットを見てからの質問や問い合わせが多くあり、放射線相談の内容はかなり深くなり時間を費やしていました。また、福島原発事故による放射能汚染による不安からの被ばくや原発の心配の相談も未だにありました。今回、日本診療放射線技師会が作製した診療放射線技師の職能を案内したパンフレットを配布しました。
当コーナーへの今回の来場者数は、総来場者に対する割合としては高くなっています。私たちが、医療における放射線利用の安全性・有益性・専門性を一般の方々に対して啓蒙し、理解してもらい且つ診療放射線技師という名称と職種を少しでもアピールできた機会であったと思います。
終わりに、健康展に協力して頂いた会員の皆さまには、お礼申し上げます。
 
京都府放射線技師会 | 広報・渉外 | 00:40 | comments(0) | - | - |

名誉会員西村信男氏のご逝去を心よりお悔やみします

京都府放射線技師会 名誉会員 芦田 暢夫
1114日(木)早朝、奥様よりご逝去の電話に接し、深い悲しみでいっぱいです。
今夏、京都第二岡本総合病院にお伺いしました折には、顔色も良くベッドを半分起こし元気に本会の昔話しや、思い出をお聞きすることが出来ました。
先生は京都府立医科大学付属病院を定年退職後、京都第一赤十字病院に再就職され、そこを退職後、京阪京都診療所に83才まで勤められました。その間、本会等に貢献された業績により勲五等瑞宝章、厚生大臣表彰、京都府知事表彰を受章・受賞されています。思えば先生は私の恩師で何かとご指導と時には親も及ばぬ親身な叱正をいただきました。
本会にとりましても、昭和35年〜昭和38年まで第3代会長を勤められたご功績は現在の放射線技師の資質向上のためご尽力されてきました。昭和28年度では、先生ご提案で研修会の制度を提案され第13土曜日に開催が決定、速実施されました。この制度は今も引き継がれ放射線技師の資質向上に役だっています。
前後しますが昭和26年度に診療エックス線技師法が制定され昭和27年度の国家試験に向け京都府立医科大学の講堂にて受験準備講習会を行ったこのときも京都から不合格者を出さないよう奮闘されているお姿が目に浮かびます。
心からお悔やみを申し上げます。
 
京都府放射線技師会 | 会員 | 00:39 | comments(0) | - | - |

西村信男名誉会員を偲んで

公益社団法人 京都府放射線技師会会長 轟 英彦
本会の元会長で名誉会員の西村信男先生が、平成251114日に永眠されました。昭和23年からお亡くなりになられるまでの65年間、京都府放射線技師会の会員として、また、役員として多大なる貢献をされてきました。ここに心からご冥福をお祈り申し上げます。
 
西村名誉会員は昭和23年〜29年に理事、昭和30年〜34年に副会長、昭和35年〜37年は会長、昭和39年〜44年まで監事と22年間役員として活躍されました。表彰関係は、昭和48年に京都府知事、昭和57年に厚生労働大臣、昭和58年に勲5等瑞宝章叙勲、平成3年に日本放射線技師会会長など数々の表彰を受賞されました。
昭和45年からは京都府放射線技師会の名誉会員になられ、また、日本放射線技術学会でも名誉会員であられました。技師教育の確立、技術学会の設立、京都エックス線技師会の設立や日本放射線技師会設立、また、国家資格の改正など、この長い技師の歴史の中の激動の時代を生きてこられ、我々の現在の診療放射線技師の基盤を作られてきました。そういう意味で、お亡くなりになるまでの功績は余りあるものがあります。
また、職業人としては、昭和15年京都府立医科大学附属病院に就職され、昭和42年に初代技師長になられました。医師の力(特に教授)が絶対の中、この30年間は苦労の連続であったと推測されます。その後、京都第一赤十字病院に10年間、京阪京都診療所に15年間ほど在籍され、現役を引退されたと聞いております。実に60年間あまりの現役生活で京都府民に限らず、国民に対しての健康維持促進診療のために存分に力を発揮され、後輩の教育にも貢献されました。私が就職してOBとしてお目にかかった時は「優しくて、後輩を思いやる人だな。おじいちゃんみたいな人だなあ」という印象が残っています。先輩方は西村名誉会員のことは「実に厳しく、OBとしても口のうるさい人であった」と申します。だからこそ、現在の技師会、技術学会や各職場があるのであろうと思います。
残された我々役員・会員一同は西村名誉会員を見習って、今後、京都府放射線技師会を益々発展させ、活力のあるものにしていきたいと思います。
本当に長い間お疲れ様でした。そしてありがとうございました。心からご冥福をお祈り申し上げます。
合掌
京都府放射線技師会 | 会長 | 00:37 | comments(0) | - | - |

平成26・27年度会長副会長候補者のことば

会長(代表理事)候補 轟 英彦
この度、理事会にて、会長候補として推薦をいただきました。
会長に就任して48年を務めさせていただきましたが、「本当に私でいいのか」という思いと「やるからには一生懸命」という信念で日々を過ごしてきました。その間、会員の皆様のご理解とご協力を賜り、様々な事業に取り組むことが出来ましたことに感謝申し上げます。
さて、公益社団法人京都府放射線技師会として、昨年から新たな気持ちで、府民から如何に信頼される会として確立していくことが私の使命だと思っております。その為に、府民公開講座を開催し、また、会員のために生涯教育や認定資格の講義・試験など公益社団法人日本診療放射線技師会と共同で事業を推し進めてきました。また、平成27年の11月には全国放射線技師学術大会を京都の地で開催いたします。今まで、全国から京都での開催要望がありましたが、実現しませんでした。しかし、将来に禍根を残さないため、また、レントゲン発見120年記念大会として、私の最後の取り組みを行いたいと思います。今まで以上に会員が一致団結をする良い機会だと思いますし、将来の技師会がより大きく育つかを見極めることができると思います。このように日進月歩で未来に向けて診療放射線技師の確固たる地位を築き上げるため、役員はもちろんのこと、皆様のご協力を得ながら役割を果たしていきたいと思います。あと2年間、これが最後の仕事です。精一杯頑張りますのでよろしくお願いいたします。
 
副会長(副代表理事)候補 北村
この度、公益社団法人京都府放射線技師会理事会にて、次期副会長候補として推薦を受けました。副会長として、早くも10年間を勤めさせて頂き、その間を振り返ると、社会情勢や医療を取り巻く環境の変遷には目をみはるものがありました。
会員の皆様におかれましては、公益社団法人日本診療放射線技師会、公益社団法人京都府放射線技師会の事業にご理解ご協力を賜り感謝申し上げます。
今期中の最大の事業の一つであった、公益社団法人格が皆様のご支援により無事に取得することができました。これを機に新たな気持ちで本会の使命である、府民や市民の皆様にとって益となる情報の発信や公開講座など、これまで以上に貢献をしなければならないと気持ちを引き締めています。
また会員はじめ全ての診療放射線技師の皆様に対しては、静脈注射(針刺しを除く)講習会等、法令改正を行い職域の拡大を図ったり、専門技師の認定制度も充実させ、日常業務において診療報酬が付加されるようにしなければならないと考えています。
更に、永年の念願であった全国学術大会の誘致に成功し、第31回日本診療放射線技師学術大会が平成2711月に開催されることとなり、下準備に係り始めています。
全ての放射線技師の職域の拡充と底上げ、そして専門技師、認定技師の活躍の場も増やし、その活動を恒久的に安定したものにしなければなりません。診療放射線技師の未来像を国民、市民、会員の皆様と共に確固たるものに築き上げたいと所望いたします。
従いまして、公益社団法人日本診療放射線技師会や関連団体ともよく意見を交換し、誤った判断をしないように皆様と共に歩んで行きたく思っています。
社会は着実に動いています。そう言った中において、会員の皆様には新しい情報を提供し、しいては府民の皆様の保健と健康が損なわれないよう、公益社団法人京都府放射線技師会の役割が果たせるように、推薦をして頂いた現会長をはじめ各理事の期待に応えるべく、皆様とともにがんばりたいと思います。
 
京都府放射線技師会 | 会長 | 00:35 | comments(0) | - | - |

平成26・27年度年度役員選挙に関する告示

会員各位
平成25121
公益社団法人 京都府放射線技師会 選挙管理委員会
委員長 澤田 保雄
 
1.平成2627年度役員選挙に関する告示により届け出のあったのは下記のとおりです。
1)有権者20名以上の推薦する候補者  なし
2)理事会の推薦する候補者
_馗晃補者 英彦  昭和33123日生
*勤務先 京都府立医科大学附属病院
*会務歴
機吠神8年度 平成11年度まで 地区理事、常務理事
供吠神12年度 平成17年度まで 副会長
掘吠神18年度 平成25年度まで 会長
副会長候補者 北村   昭和351120日生
*勤務先 明治国際医療大学附属病院
*会務歴
機吠神10年度 平成15年度まで 常務理事
供吠神16年度 平成25年度まで 副会長
2.候補者がそれぞれ単独であるため、役員選挙規定第2章、 10条により信任投票とします。
上記の候補者について、下記の要領に従って、期日までに全会員漏れなく投票して下さい。

1)指定投票用紙 (本誌同封のハガキ) で必ず投票して下さい。
2)投票欄に信任:○印、不信任:×印のいずれかを記入して下さい。
3)投票は無記名です。
4)所定以外の用紙による投票は無効とします。
5)投票締切日は平成251231日(火)必着とします。
以上
京都府放射線技師会 | 選挙管理委員会 | 00:32 | comments(0) | - | - |

静脈注射(針刺しは除く)に関する講習会開催(京都府開催)のお知らせ

静脈注射(針刺しは除く)に関する講習会開催(京都府開催)のお知らせ



厚生労働省「チーム医療推進方策検討ワーキンググループ」において、診療放射線技師の業務範囲見直しに関する検討が行われ、「CT、MRI検査等において造影剤投与終了後の抜針及び止血を行うこと」が、十分な教育・研修を行うことを条件に実施できる方向で検討されています。
それに伴い、(公社)日本診療放射線技師会は抜針及び止血に関する研修会を開催

開催いたします。京都府でも以下の内容で開催致しますので是非ご参加下さい。
なお、準備の関係上、定員は50名とさせて頂きますのでご了承下さい。


                       記
               
日 時   平成25年11月17日(日)  9:30〜
 
場 所   京都第二赤十字病院 C棟6階 会議室、1階 多目的室
        京都市上京区釜座通丸太町上る春帯町355-5

             
    
●受講料  会員2,000円    非会員:10,000円
●受講方法
     JARTホームページ情報システムより申込み
 
問合せ

京都府放射線技師会 事務所
TEL 075-802-0082 
 
京都府放射線技師会 | 副会長 | 00:56 | comments(0) | - | - |

法人設立30周年及び公益社団法人取得記念式典 報告4

その4

記念式典も無事?終わり、引き続き、記念講演が行われました。

公益社団法人 日本診療放射線技師会会長 講演です。


途中、スライド機器のトラブルがあり、スタッフ、ルビノ関係者も大慌てでしたが、乗り切ることができました。

続いて、
京都府立 植物園 長澤淳一 園長の記念講演を行いました。


長澤園長、長時間にわたり、講演ありがとうございました。

長澤園長には、花束を贈呈しました。


これをもって、記念式典、講演会も無事に執り行うことができました。


来賓者の皆様、一般の皆様、スタッフの皆様、当日はどうもありがとうございました。

引き続き、祝賀会が行われました。

準備の間、表彰者の記念撮影を行いました。




祝賀会

司会は 城下克明氏が行いました。




祝賀会開催にあたり轟会長から挨拶が交わされました。


引き続き、来賓祝辞といたしまして公益社団法人 日本診療放射線技師会 前副会長、公益社団法人 兵庫県放射線技師会 前会長の播磨 利光様から賜りました。


続いて、大阪府放射線技師会会長 牧島 展海様より賜りました。


引き続き、日本画像医療システム工業会 地域委員会 委員長 村地 正行様に賜りました。


皆様、どうもありがとうございました。

さて、乾杯の挨拶です。

公益社団法人 京都府放射線技師会 名誉会員の小倉 佐助(様に乾杯の挨拶を賜りました。





食事が進む中、記念演奏会が行われました。
同志社女子大学マンドリングクラブの皆様です。











祝賀会も終わりの時刻になってきました。お酒もすすんでいます。

本日、ご出席していただいた方々から、沢山、お祝いの言葉を頂戴しました。







祝賀会も無事執り行え、最後に河本副会長が挨拶に立ちました。




本日は、多数のご出席ありがとうございました。

以上

京都府放射線技師会 | 情報 | 01:15 | comments(0) | - | - |

第60回近畿地域放射線技師野球大会は5位

厚生委員会 中川 稔章
 
10 6() 秋晴れの良い天気に恵まれ、第60回近畿地域放射線技師会野球大会が西宮市「浜甲子園運動公園」にて開催されました。選手10名、応援2名の参加でした。
大会までの準備期間が短く選手集めに苦労しましたが、なんとか出場することができました。ギリギリの人数でがんばりましたが、残念ながら今年も 5位という結果に終わりました。
1回戦の奈良県との対戦では、チャンスを作るもあと一本が出ず、悪い流れのまま回が進み、終わってみれば46で惜敗でした。
続けて行なわれた56位決定戦は和歌山県との対戦となり、3 3の同点で迎えた最終回に 3ランホームランが飛び出し、6 4で勝利することができました。
今年も参加人数がギリギリの中、大きなけがも無く無事に終えることができよかったと思いつつ、来年こそ優勝をとの期待を胸に今年の大会を終えました。
選手の皆さん、暑い中、お疲れ様でした。
 

結果
【1回戦】
奈良県 64 京都府
 
56位決定戦】
京都府 64 和歌山県
 
優勝       兵庫県
準優勝     大阪府
3       滋賀県
4       奈良県
5       京都府
6      和歌山県
京都府放射線技師会 | 厚生 | 00:33 | comments(0) | - | - |

近畿地域放射線技師会囲碁大会京都府予選のお知らせ

厚生委員会 中川 稔章
 
標記の通り、第25回近畿地域放射線技師会囲碁大会京都府予選会を下記の要領で開催します。ふるってご参加ください。
 
   開催日時:   平成25128日(日) 午前830分(時間厳守)
   対局時間:   抽選後開始
   集合場所:   (公社)京都府放射線技師会会議室 2204
   京都府京都市中京区西ノ京北壷井町88-1 二条プラザ
   対局方法:   持ち点制 (対局相手は当日抽選)
   対局時間:   一局70分 (近畿大会と同様)
   対局時計を使用(時間切れは負け)
    ル−ル:   日本棋院囲碁ル−ルに準ずる。
   成績上位順より出場選手5名を決定。
 
ご希望の方は1130日までに京放技事務所まで、ご連絡をお願いします。
 
京都府放射線技師会 | 厚生 | 00:30 | comments(0) | - | - |
4/13PAGES | << >> |

04
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--