<< 西村信男名誉会員を偲んで | top | 「第40回 くらしと健康展」報告 >>

名誉会員西村信男氏のご逝去を心よりお悔やみします

京都府放射線技師会 名誉会員 芦田 暢夫
1114日(木)早朝、奥様よりご逝去の電話に接し、深い悲しみでいっぱいです。
今夏、京都第二岡本総合病院にお伺いしました折には、顔色も良くベッドを半分起こし元気に本会の昔話しや、思い出をお聞きすることが出来ました。
先生は京都府立医科大学付属病院を定年退職後、京都第一赤十字病院に再就職され、そこを退職後、京阪京都診療所に83才まで勤められました。その間、本会等に貢献された業績により勲五等瑞宝章、厚生大臣表彰、京都府知事表彰を受章・受賞されています。思えば先生は私の恩師で何かとご指導と時には親も及ばぬ親身な叱正をいただきました。
本会にとりましても、昭和35年〜昭和38年まで第3代会長を勤められたご功績は現在の放射線技師の資質向上のためご尽力されてきました。昭和28年度では、先生ご提案で研修会の制度を提案され第13土曜日に開催が決定、速実施されました。この制度は今も引き継がれ放射線技師の資質向上に役だっています。
前後しますが昭和26年度に診療エックス線技師法が制定され昭和27年度の国家試験に向け京都府立医科大学の講堂にて受験準備講習会を行ったこのときも京都から不合格者を出さないよう奮闘されているお姿が目に浮かびます。
心からお悔やみを申し上げます。
 
京都府放射線技師会 | 会員 | 00:39 | comments(0) | - | - |
Comment










07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--