<< 京都府放射線技師会平成24年度臨時総会報告 | top | 第549回研修会報告 >>

第2回通常総会報告

 

公益社団法人 京都府放射線技師会

会長 轟 英彦

5 11 日(土)に、エーザイ株式会社京都支店にて公益社団法人京都府放射線技師会第2回通常総会が開催されましたので、御報告いたします。

1.議長選任の件

生駒病院の安藤敏博氏が立候補し、会場全員が承認した。安藤議長が庶務担当の皿谷理事に会員の出席状況を確認したところ、総会員数454名のうち、出席者33 名、委任状者314名の合計347名で正会員の過半数以上が出席しているため、総会の成立が承認された。その後、425日に永眠された笹井 清司氏への黙祷が行われた。

2.平成 24年度事業及び決算に関する件

1)平成 24 年度事業経過報告

轟会長より配布資料に沿って、社団法人京都府放射線技師会の平成 24 年度事業の総括について説明がされた。続いて各委員会理事から平成 24 年度のそれぞれの事業について説明がされた。その後採決がなされ、反対0票、賛成33票(委任状314票)、保留0票で承認された。

2)平成 24 年度会計決算報告

財務武部理事から配布資料に沿って説明がなされた。最後に、会員減少等による会費収入減少の中、会員のご協力の元に平成24年度の会務が遂行できた、と感謝が述べられた。

その後採決がなされ、反対0票、賛成32票(委任状314票)、保留1票で承認された。

3)平成 24年度監査報告

田城 邦幸、四井 猛士両監事より平成 24 年度京都府放射線技師会監査が口頭にて報告された。最後に、この総会の資料配布不備について執行部に対して注意がなされた。

久保 昌博氏より「京都府の公益法人の設立監督に関する規則』はすでに廃止されている法律であり、これに基づいて監査報告を行っていることは誤りではないか」と意見が出され、田城監事が「今後検討いたします」と回答された。

3.定款第47条の改訂について

轟会長より「公告の方法として定款第47条に『本会の公告は、官報に掲載する方法により行う』とあるが、この官報掲載費用として59千円ほどかかる。ホームページ上で行えば掲載費用は無料になるので、『本会の公告は、電子公告により行う。』と条文変更したい」と説明がされた。その後採決がなされ、反対0票(委任状2票)、賛成33票(委任状300票)、保留0票(委任状10票)で正会員の3分の2以上の賛成があり、可決された。

4.役員選任規定及びその他の規定について

轟会長より役員選任規定の新設及びその他の規程について、「内容は変わらないが単語や項番号の付け足し等の改定が理事会承認されている」と説明がされた。

その後採決がなされ、反対1票、賛成32票(委任状300票)、保留0票で承認された。

5.その他

中川 善夫氏より「会費の収入減により日本診療放射線技師会より200万円を借り受けることになった件について詳しく説明して欲しい」と要望があった。轟会長より「年度初めの京都府放射線技師会雑誌を作製するための費用が非常に大きい。また23年度24年度の会費未納会員が多数ありその金額が40万円に達している。そのため予算を計上したときと差額が生じ借入金を一時的に行うこととした」と説明がされた。続いて武部理事より「借り受けた金額は準備金として計上していく方針で、収支報告上は借り受けされていないことにして、事業収入のみでの月例収支報告を行っていく」と説明がされた。さらに四井監事より「会費未納者をなくすように努力をし、各委員会の開催の方法などを工夫して経費を削減する方針である」と説明がされた。

6.議事録署名人選任

会場より議長一任の意見が出され、安藤議長が四丸 真俊氏、熊井 由昌氏を指名し、満場一致により選任された。その後、安藤議長の解任がなされた。

京都府放射線技師会 | 会長 | 00:58 | comments(0) | - | - |
Comment










12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--