<< 囲碁仲間 笹井さんを偲び | top | 第548回研修会(地区合同研修会)報告 >>

森名誉会員を偲んで

 京丹後市立弥栄病院 放射線科
城下 克明

思わぬ悲報にただただ驚くばかりで、慰めの言葉もみつかりません。
私が名誉会員の森信一先生と知り合ったのは、平成元年に兵庫県開催での近畿診療放射線技師野球大会に参加した時です。当時、京都府放射線技師会会長として素晴らしいリーダーシップを発揮して、京都府放射線技師会をぐいぐい引っ張って行かれていました。
野球好きの私が両丹地区から初めて技師会野球大会に参加した事もあってか、森先生はいつも「 よう遠くから来てくれてありがとうな 」とか、「 行き帰りの車の運転、気を付けてや 」と、出会うたびに声をかけていただきました。また森先生も大の野球好きで、近畿地域野球大会の時はあの特徴のある声で「 城下はん勝ってや。優勝してや。優勝したら祇園でもどこでも飲みに連れて行っちゃるで 」と男気のある言葉で、いつも私達選手に元気を与えてくれました。
思い出として鈴鹿医療科学大学での平成13年度全国放射線技師野球大会で優勝し日本一になった時は抱き合って喜んでいただき、森先生も男泣きをされていた事を今でもはっきり覚えています。
語り始めましたら森先生との思い出は尽きませんが、今はただ、心より故人の功績を偲び、ご冥福をお祈り申し上げます。
京都府放射線技師会 | 会員 | 01:09 | comments(0) | - | - |
Comment










06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--