<< 電離箱式サーベイメーターのデーター収集及び校正にご協力ください | top | 第39回 くらしと健康展報告 >>

南丹市原子力災害訓練参加報告

中島 智也
10月21日(日)に南丹市美山町にて行われた原子力災害訓練に、京都府放射線技師会から4名が参加してまいりました。これには公立南丹病院の管理士会山根理事より紹介され、派遣に至りました。この派遣には、福島第一原子力発電所事故による住民サーベイボランティア経験者である北村副会長をはじめとした他2名と山根理事を含めた4名が参加してまいりました。
避難準備区域が従来10kmだったのが20kmに変更されたことにより、南丹市美山町が福井県の高浜原子力発電所及び大飯原子力発電所からの非難準備地域内になりました。したがって今回、初めての訓練だそうです。行政としても初めての経験なので、我々、経験者の話をサーベイ担当の保健所職員の方は興味津々と聞かれていました。
 原発事故2週間後に福島県でサーベイ活動を行ってきた京放技はこれからもこのような原子力対策活動に積極的に参加して、行政と府民から信頼される職能団体を目指してまいります。

京都府放射線技師会 | 会員 | 02:09 | comments(0) | - | - |
Comment










06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--